平久保崎灯台

名蔵川が名蔵湾に流れ込む名蔵大橋付近に広がる干潟で、「ラムサール条約」の登録地にもなっている。
ヤエヤマヒルギ等のマングローブが自生していて、干潟では沢山の小動物が観察できる。数多くの渡り鳥が訪れる野鳥の飛来地でもあり、希少種もやって来る。

アンパルとは「網を張る」という意味。

市街地から車で20分